株式会社ガイア


































































ヒートパイプ

ヒートパイプ (Heat pipe) とは、熱の移動効率を上げる技術・仕組みの一つ。単に効率を上げるだけでなく、一方の温度が高い場合にのみ移動効率を発揮する熱ダイオードとしての使用法もある。なおメカニズム的には、熱伝導を上げているわけではなく、作動液の移動を用いて熱を移動させる仕組みである。
NASAにより人工衛星中の放熱に利用されたのが実用化の始まりである。
冷却部を加熱部より高い位置に設定することにより、凝縮後の作動液を加熱部に戻すことができるが、パイプ内壁をウィックと呼ばれる毛細管構造にすることにより、高低差がない場合や無重力の宇宙空間でも利用が可能になる。






















『超臨界発電』

超臨界の熱をヒートパイプで移動してタービンを回すのでco2排出量ゼロです。
現行型発電機は水を使い発電しているので効率が悪かったが『超臨界水発電機』は二酸化炭素を使い『超臨界co2タービン』を回すので水蒸気の10倍のエネルギーで発電します。『超臨界発電』では現行型よりも30パーセント高い発電効率でエネルギーを生み出すことができます。
超臨界は強力な酸化力で腐食しにくい貴金属まで腐食させてしまうので非常に使いづらい物質です。このため374°・22PMa以下の亜臨界の熱をヒートパイプで地上まで送り発電します。

















コンクリートの冷却にも使用されています。









詳細・使用方法等については弊社までお問い合わせください。
























































































































































































































ヒートパイプ

ヒートパイプ (Heat pipe) とは、熱の移動効率を上げる技術・仕組みの一つ。単に効率を上げるだけでなく、一方の温度が高い場合にのみ移動効率を発揮する
ダイオードとしての使用法もある。なおメカニズム的には、熱伝導を上げているわけではなく、作動液の移動を用いて熱を移動させる仕組みである。
NASAにより人工衛星中の放熱に利用されたのが実用化の始まりである。熱伝導性が高い材質からなるパイプ中に揮発性の液体(作動液, Working fluid)を封入したもの。
パイプ中の一方を加熱し、もう一方を冷却することで、作動液の蒸発(潜熱の吸収)作動液の凝縮(潜熱の放出)のサイクルが発生し熱を移動する。
冷却部を加熱部より高い位置に設定することにより、凝縮後の作動液を加熱部に戻すことができるが、パイプ内壁をウィックと呼ばれる毛細管構造にすることにより、
高低差がない場合や無重力の宇宙空間でも利用が可能になる。

hi-to